全国の歯医者さんの現状

全国で、歯科医院の数はコンビニエンスストアよりも多いと言われており、とくに地方の実態として落下傘開業状態であると言えます。

歯科医の数も増加する傾向にあります。
医師に比べて歯科医は教育期間が短く、歯科大に合格するレベルも医大に入るレベルに比べれば、若干低いです。

歯科医療は生命に危機を及ぼすことが少なく、歯や口腔内に特化した医療であるため、医師と歯科医師ではしっかりとした区別がされます。



そのためか歯科医は「歯医者」というフレーズを嫌い、近年では、質の高い歯科医療を目指すため、高額な医療機器を備えて歯科医療を提供する医院が多くありました。

東京の個室の歯医者の価値ある情報を探してみてください。

地域の大手医療機関の口腔外科などと連携を図り、医療と歯科医療を融合させた体制を整えるところも多いでしょう。
ただ、歯科は患者の歯の衛生管理を行うことが本来で、高額な歯科医療を提供するビジネスということは、歯科医院側の問題であり、患者側から言えば関係ないことでしょう。

地方で歯科医院を選ぶ理由を聞いてみると、高齢者や女性の多くで、歯医者さん(歯科医師)が優しい(親切)などの声が多く、他に衛生士さんの対応が良いということが多いです。

男性では、料金や早さを重視する人が多いです。


歯科医師側は高い水準の歯科医療や費用を求めてサービス体制を整えるも、患者側からしたら重視する点が、歯医者さんの質であることが大きく、やさしい歯医者さんに診てもらいたいと考える人が多いのでしょう。